江原の読むとためになるブログ

面白い!楽しい!ためになる! ブログ

井上咲楽さんを招いてさいとう健が本音で語る会

流山市おおたかの森ホールで今政治ウォッチング注目されている井上咲楽さんと斎藤健元農水大臣の対談イベントがありました。


斎藤健元農水大臣は私の地元の代議士で自治会や商工会議所の支部会で国会報告をしていただいています。


斎藤さんは井上咲楽さんと「エンタメnext」の対談がきっかけで今回の企画を依頼したそうです。


咲楽さんは国会傍聴と選挙戦の応援演説の場で候補者本人にインタビューするのが日課のようになっていて、毎日ノートを持ち歩き政治について書き溜めているそうです。


TV番組で4日間で500匹の昆虫を食べる企画を受けたのも、国連で「未来食」として将来の食糧危機を乗り切るために昆虫食を推奨しているという真面目な考えから応じたそうです。


私も食糧危機には「昆虫食、ナマズ、雑穀」が有効だと考えているので、咲楽さんの知識力はすばらしいと思いました。

環境大臣の空虚さと比較にならない19歳の思索と知識です。


齋藤さんは咲楽さんの政治に対しての好奇心、取材力、思考力、行動力と昆虫食を実践する根性をべた褒めしていました。近い内に人気が爆発するはずと予告しました。


咲楽さんはコウロギを持参して齋藤さんに試食させました。齋藤さんは抵抗しながらも最後には口にして未知の味に対して「確かにコオロギの味がする」と感想を述べました。


咲楽さんの10月2日の誕生日🎁として齋藤さんはカイコのぬいぐるみを贈りました。


齋藤さんから「有権者の半数は65歳以上で投票率も高いので高齢者優遇の政策が多くなっているので、若い世代が政治に関心を持って投票してほしい。若い人の政治離れを解決するのに咲楽さんの発信力が有効である。咲楽さんに期待している」と述べられていました。


今後も齋藤さんの対談に期待しています。

私は「日本の経済」をテーマにホリエモンとの対談の希望を出しました。f:id:furaijin:20190929092653j:image